運動不足解消にもおすすめ!口コミの評価が高いフィットネス・スポーツジムを5つ厳選してご紹介しています。

これで大丈夫!トレーニングにおすすめの服装

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/04/06

服装の説明は受けたけど、実際みんなどんなウェアを着ているのか?と、疑問に思うことがあるかと思います。周りの方々の服装なんてあまり覚えていない方も多いでしょう。そこで、本コラムでは「これで大丈夫! トレーニングにおすすめの服装」と題して、ジムで浮かない服装をご紹介します。

NGの服装は避けよう

フィットネスジムではNGとされている服装があります。まずそこから理解しましょう。

■デニムやリベット付きの服
まずデニム(ジーンズ)は生地が硬くて動きにくい上、器具への色移り、リベットによる器具の破損があり得るので、NGとなっています。

■サンダルや草履
ダンベルを足に落としたときなどに危険なため、サンダルや草履はNG。裸足など論外です。

■露出の高い服装
胸元や、おしりが見えそうな服装はNG。男子もですが、とくに女子はNG度が高いでしょう。高級スポーツブランドのレディース用ディスプレイで見かける「スポブラ+ハイレグパンツ」などは、フィットネスジムではご法度なことが多いです。

■ポリエステル100%の服
おもにTシャツになりますが、綿より雑菌が繁殖しやすいポリエステル100%の服は汗臭くなりやすいので避けたほうが良いでしょう。

■綿100%もやめておこう
汗でピタッと張り付く綿100%のTシャツなども避けたほうが良いでしょう。ブラや体が透けて見えやすくなってしまいます。

以上はまず選ばないようにしてください。

なぜスポーツウェアが推奨されるのか

もっともふさわしいのは「スポーツウェア」です。

■スポーツウェアは吸水・速乾の布を採用している
スポーツウェアは吸水・速乾の高い化学繊維を採用しています。そのため、汗をかいても不快感が少なく、すばやく乾燥するのでトレーニング時に着用するには最適です。

■スポーツウェアは消臭効果も高い
フィットネスジムで汗臭いと周囲に迷惑をかけてしまいます。スポーツウェアは消臭効果も高いものが多く、その点からもすぐれています。

■スポーツウェアは伸縮性に富むので動きやすい
トレーニングではさまざまな姿勢をとります。そのとき、伸縮性に富むスポーツウェアであれば、動きが制限されることがあません。

■スポーツウェアは効率的に鍛えられる
スポーツウェアなら加圧タイプのウェアも発売されており、着用することで筋力アップをサポートし、効率的に体を鍛えることができます。

<もっとも着用されているのはハーフパンツ? >
トレーニングすると四季を問わず暑くなるので、短いパンツ・半袖の上下のスポーツウェアを着用している方が多いです。しかし、真冬など、運動しはじめではまだ体が温まらないため、ジャケットが必要なこともあります。
また、男女ともショートパンツにレギンスを合わせる、また、女子はスカートのように見えるキュロット風のショートパンツにレギンスを合わせるなど、体温調節的にも、ファッション的にも工夫しているので参考にしましょう。

慣れないうちの「高級ブランド固め」はやめよう

フィットネスジムでのNGウェア、そして最適なのはスポーツウェアということをご説明したところで、さらにいくつかの注意点をのべましょう。

■慣れないうちの「高級ブランド固め」
まだ器具の使い方もおぼつかないトレーニング初心者の方は、最初だけでも現実的なユニクロ製品などのほうが、悪目立ちしなくて良いと思われます。

■すべてロゴが大きいのに、違うブランドでコーデしている
キャップからシャツ、パンツ、ソックスに至るまで、すべてのウェアに大きくロゴがプリントされている、もしくは縫い込まれているなどは、目立ちますし、まとまりがないコーデになってしまいます。ましてやすべてブランドが異なっていたらかなり恥ずかしいことになるでしょう。

まとめ

「これで大丈夫! トレーニングにおすすめの服装」と題して、フィットネスジムで浮かない服装をご紹介しました。もっとも良いのはスポーツウェア。素敵なフィットネスジムデビューを飾ってください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
東大阪でおすすめのフィットネス・スポーツジムの口コミや評判