運動不足解消にもおすすめ!口コミの評価が高いフィットネス・スポーツジムを5つ厳選してご紹介しています。

女性も安心!セキュリティ対策バッチリなフィットネスジムとは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/04/06

ダイエットのため、健康維持のため、フィットネスジムに通いたいと考える女性はたくさんいると思います。しかし、ふと不安になるのは「セキュリティ問題」です。薄着になって体を動かす、脱衣もするという場所だけに気になるところでしょう。そこで本コラムではジムのセキュリティ対策についてご紹介しましょう。

セキュリティ対策は年々高度になっている

まず、近年は女性専用のフィットネスジムが増えているということが挙げられます。しかし「女性専用でなく、男女共用のジムに通いたい」という方も多いと思います。ご存じかとは思いますが、共用ジムでは男女それぞれに脱衣ルーム・シャワールームを設けており、女性専用でなくてもプライバシーは守られているのが一般的です。

大手警備会社との連携でセキュリティカード・会員カードでの入退出管理・ドアの開閉システムが導入されており、部外者が立ち入れないようになっている」「死角をつくらないように、くまなく防犯カメラが配置されている」「非常を知らせる緊急ボタンも同様に配置されている(大手警備会社が駆け付けてくれる)、もしくは防犯ブザーがレンタルされる」など、フィットネスジムでは近年、年を追うごとに、非常に高度なセキュリティ対策がとられてきています。

指静脈認証付き防犯セキュリティも導入

次に、さらなる安全に向けて動いているジムが登場していることもご紹介したいと思います。

<指静脈認証による入退出管理システムの導入>

■カード管理の一歩先を行くシステム
指の静脈パターンは各人異なり、ふたつと同じものは存在しません。最新の生体識別テクノロジーを活用することで、指の静脈パターンを読み取り、個人の入退出の可否・通行情報の収集を管理するシステムを導入するジムも登場しています。

■「指内部の静脈情報」を読み取るため認識が安定
古い指認証システムでは指紋を利用していたため、指表面の荒れや汚れ、キズなどに影響されるトラブルがありましたが、最新のシステムでは指内部の静脈情報を読み取っているため、認識が安定しています。

■置き忘れや盗用がない
指を使用しますので、カードと違って「置き忘れで入場できない」「ジム内で紛失して出られない」などのトラブルがありません。また、カードを盗難される、落としたカードを拾われるなどの心配もないので安心です。

盗撮対策もここまで来ている

近年は盗撮の巧妙化が女性中心に懸念されていますが、その対策はどうなっているでしょうか。

■テクノロジーの進化を悪用して巧妙化する盗撮
日進月歩のテクノロジーを悪用することで、盗撮機器が小型化。しかも電波でなくインターネットを利用することで、ますます巧妙化して女性たちを不安にしています。

■監視カメラでは不充分な面も
フィットネスジム内で、もっとも盗撮に警戒しなければならない女性用のトイレや脱衣場、入浴施設などには監視カメラが設置できないため、盗撮機器が仕込まれやすいという不安があります。

■電波を探索するシステムが登場
監視カメラを設置することには限界がありますが、空間を飛び交う電波を探索する専用端末をフィットネスジム内に設置することで常に監視。万が一無線式盗撮カメラから発信される電波を感知したときには、防犯担当者にすみやかに連絡が行くシステムが採用されているジムも出てきています。

まとめ

セキュリティカード・会員カードでの入退出管理・ドアの開閉システムの導入、防犯カメラの配置、大手警備会社につながる緊急ボタンの設置などは多くのジムで実施されているということで、女性も安心ですね。

さらに進んだジムでは、指静脈認証による入退出管理システムや盗撮防止の空間管理システムを導入するところも出てきているということで、これからもフィットネスジムでは様々なセキュリティ対策が講じられていくことでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧